水虫 爪水虫 治す 市販薬 効果 治療法


水虫の原因は、白癬菌というカビの一種

水虫は、カビの一種である白癬菌が、皮膚の角質層に入り込み、発症する病気です。

 

白癬菌とは?

 

白癬菌は、動物の毛や爪、皮膚のようなものに含まれている「ケラチン」というタンパク質を栄養素とするカビで、人の体のどこにでも感染します。

 

例えば、白癬菌が足に感染すると「水虫」、爪だと「爪水虫」。
手に感染すると「手白癬」、股に感染すると「いんきんたむし」などと呼ばれます。

 

 

しかし、白癬菌が感染するのは9割近くは足だと言われています。

 

それは、足の裏の皮膚が、他の場所に比べて分厚く、白癬菌が居座りやすいからです。
また、一日中、靴を履いていることが多く、カビが大好きな高温多湿の環境があることも原因の一つです。

 

 

若い女性に水虫が多い?

 

昔は、水虫は中高年のおじさんがかかるもの、というイメージがありました。
テレビCMなんかを見ても、水虫薬のCMに出てくるのは、おじさんの俳優が多いですよね。

 

 

しかし、現在は女性の水虫患者がかなり多いと言われています。
それは、女性もOLさんや大学生は、革靴や革製のブーツなど、通気性が悪く、高温多湿になりやすい履き物をはくようになり、足の環境が悪くなったからです。

 

若い女性にとって「水虫になった」というのは、かなり恥ずかしいと感じることもあって、治療をためらう人もいるようです。

 

しかし、いったん水虫にかかると自然に治ることはありません
むしろ、すぐに治療を始めないと、より悪化し、余計に治りにくくなります。

水虫に感染するルート

足が清潔に保たれているかどうか

 

水虫は、人から人へ移ります。
また、イヌやネコなどにも白癬菌は感染するので、ペットを飼っている人は、ペットから水虫が移る場合があります。

 

白癬菌は、水虫にかかった人の皮膚からはがれ落ちた角質の中にもいますから、これが足の裏に付着し、そこから菌が入り込むことで感染するのです。

 

 

しかし、白癬菌が付着したからといって、すぐ水虫になるわけではなりません。
人の皮膚にはバリア機能があり、白癬菌がいったん付着しても、24時間以内に洗い流せれば、水虫の感染は防げると言われています。

 

つまり、足の裏を常に清潔な環境にしていれば、そう簡単に水虫になったりはしない、ということになります。

 

水虫に感染しやすい環境

では水虫に感染しやすい環境とはどんなものでしょうか。

 

白癬菌もカビの一種ですから、高温多湿の環境を好みます。また、皮膚が汗をかいている場合や、汚れている場合は、皮膚環境がアルカリ性になっており、白癬菌が繁殖しやすいです。

 

逆に、毎晩お風呂に入って足や身体を清潔にし、きちんと乾燥させる、肌を弱酸性に保つ、といったことをしていれば水虫感染は予防できます。

 

水虫に感染しやすい環境・習慣とは?

毎日入浴せず、足が不清潔な状態である
毎日、通気性の悪い革靴やブーツを履き、足がむれた状態が続いている
毎日、長時間同じ靴を履いていることが多い
足の指が太く、足の裏が湿りやすい、脂症である
体質的に、汗っかきである
糖尿病や免疫不全症など、免疫力が落ちる病気をもっている

 

いくつ当てはまるものがあったでしょうか?

 

たくさん当てはまるほど、あなたは水虫に感染しやすい環境や、習慣があると言えるでしょう。

 

こういった水虫になりやすい環境や習慣を、まず見直すことから水虫治療は始まります。

 

水虫になる場所とは?

スポンサードリンク