水虫 爪水虫 治す 市販薬 効果 治療法


水虫薬の薬効成分(抗菌剤)

水虫薬の薬効成分のうち、水虫の原因菌である白癬菌を殺す成分を、抗真菌薬と言います。

 

現在市販されている、主な水虫薬に含まれている抗真菌薬は、もともと医療用医薬品として開発され、数年前に一般医薬品にスイッチしたスイッチOTCと呼ばれるタイプです。
医療用医薬品として今も使用されている成分ですので、効果はお墨付きです。

 

その中でも、よく効く抗真菌成分を記載しました。市販の水虫薬を買う場合には、パッケージに書いてある成分表を見て確認して下さい。

 

主な抗真菌成分

テルビナフィン塩酸塩

ノバルティスが開発したアリルアミン系抗真菌薬。

 

2004年に医療用医薬品から一般医薬品にスイッチ(スイッチOTC)。

 

ノバルティスのラミシール、ロート製薬のエクシブ、大正製薬のダマリンなどがこの成分を使用している。

ブテナフィン塩酸塩

ベンジルアミン系抗真菌薬。

 

テルビナフィンに比べると、皮膚への浸透力が良く、皮膚滞留時間が長いと言われる。

 

武田薬品のスコルバがこの成分を使用している。

ラノコナゾール

スイッチOTC医薬品としては最も新しいタイプの抗真菌薬。
市販薬で白癬菌を殺菌する能力が最も強い。

 

興和のフットガンコーワ、第一三共のピロエースなどがこの成分を使用している。

ミコナゾール

ヤンセンファーマによって開発されたアゾール系抗真菌薬。

 

真菌によるフケ防止シャンプーなどに使用されるほか、真菌症用経口内服薬として使用される。

オキシコナゾール アゾール系抗真菌薬の一種。小林製薬のタムチンキがこの成分を使用している。

水虫薬の薬効成分(その他の成分)

医療用医薬品には、抗真菌薬だけが含まれていることが多いのですが、市販薬にはそれ以外の成分が含まれています。

 

かゆみや炎症が発症している場合は、他の成分が抑えてくれることがありますので、あわせて確認して下さい。

 

その他の薬効成分

かゆみ止め

水虫のムズムズしたかゆみを鎮める成分です。

 

クロタミトンなど

炎症を抑えるもの

水虫による皮膚の炎症や赤みを抑えてくれる成分です。

 

グリチルリチン酸など

痛み止め

水虫による痛みを抑えてくれる成分です。

 

リドカインなどの麻酔成分が使用されます。

消毒・殺菌

患部を殺菌消毒し、二次感染などを防止する成分です。

 

アルコールやフェノールなど

角質軟化作用のあるもの

硬く、分厚くなった角質を柔らかくし、薬効成分の浸透をしやすくします。

 

尿素などがよく使われます。

清涼感を出すもの

患部に清涼感を与え、かゆみなどを一時的に鎮める成分です。

 

メントールなどが使われます。

 

市販薬の中でも、水虫にだけ効く抗真菌薬のみのタイプと、その他の薬効成分を組み合わせたタイプがあります。

 

かゆみや痛みがが強いときは、そういう症状を抑える成分の入った水虫薬を購入したほうがいいでしょう。

 

水虫薬の正しい使い方

スポンサードリンク