水虫 爪水虫 治す 市販薬 効果 治療法


水虫の症状の違い

水虫は、感染する部位によって大きく症状が違います。
症状が違えば、薬の使い方や治療法も異なってきます。

 

ここでは、水虫の症状の違いを見て行きましょう。

 

趾間型水虫の症状

足や手の指の間に水虫ができた場合、皮がふやけてボロボロにむけたり、白くふやけて水分でジクジクになったりします。非常に強いかゆみを伴うのも特徴です。

 

放っておくと、皮膚の表面が赤くただれて炎症をおこし、痛みが出たり、水虫特有の臭いを発生させたりします。
梅雨や夏の高温多湿の時期によく発生し、冬場はあまり症状がでません。

 

小水疱型水虫の症状

足の裏の土踏まずや、側面、足の指の先などに小さな水疱(水ぶくれ)がたくさんできるのが特徴で、この水虫も非常にかゆいです。
かゆいため、よく掻きむしって水疱を潰す人が多いのですが、かえって患部が悪化し、出血したり化膿したりしてしまいます。

 

これも放っておくと、さらに水疱ができる場所が足全体に広がっていったり、趾間型を併発したりします。また、趾間型と同様に臭いを発生させることもあるようです。

 

趾間型と同じく高温多湿の時期に発生し、冬場は症状がおさまることが多いです。

 

角質増殖型水虫の症状

水虫というと、趾間型や小水疱型ばかりイメージがありますが、角質増殖型水虫も非常に多いです。
足の裏やかかとの皮膚が異常に分厚くなり、カサカサになったり、角質がボロボロとくずれてはがれやすくなります。かゆみなどの自覚症状がほとんど出ず、そのため治療が遅れることが多いです。
また、角質増殖型水虫は、感染した皮膚を落としやすいため、家族などに移りやすいのも特徴でしょう。

 

高齢者が発症することが多く、しかも一年中かかります。慢性化すると治療に時間がかかることもあります。

 

それ以外の水虫の症状

爪水虫の症状

主に足の爪が白くにごり、表面がでこぼこになったり、シワが入ってきたりします。
最初は一部だけですが、症状が進むと、爪全体が黄白色に変色し、変形したり、ボロボロにくずれてきたりします。(角質増殖型水虫に似た感じです)
爪がはがれてしまうこともありますし、足水虫も合わせて発症していることが多いため、臭いも強いです。

 

皮膚と違って、爪は硬いため、普通の水虫薬では患部まで有効成分が染み込まず、非常に治りにくいのが特徴です。

 

たむし、しらくもなどの症状

赤い斑点や湿疹が広範囲に広がっていき、強いかゆみを伴います。
頭部などに感染した場合は、脱毛症を発生することがあります。

 

水虫と似た病気について

スポンサードリンク