ラミシール ブテナロック ピロエース 水虫 爪水虫 治す 市販薬 効果 治療法


よく効く水虫の薬ランキング

このページでは、よく効く水虫の市販薬をランキング形式で紹介します。

 

すべて私が試したことがあるもので、自分自身の身体で効果を確認しています。
(人によっては効果の多少は違いますので、ご了承をお願いします。)

 

なお、選んだのはすべてクリームタイプです。
クリームタイプが、水虫のどんな症例にも対応し、患部への浸透力・薬効の持続力が、他のタイプよりも一番優れていると思うからです。

 

 

第1位は、ノバルティスのラミシールプラスクリームです!
水虫患部への浸透力、薬効の持続力、どちらを取っても素晴らしい効果と言えます。

 

私は主にこれを使っていたのですが、使い始めてわずか数日で皮がむけるのが治まり始め、かゆみも止まりました

 

おすすめの使い方は、まずお風呂で十分に足の裏の皮膚をふやかし、よくタオルで水分を取った後に、ラミシールをよく擦り込み、5本指ソックスをはいて患部を保護することです。

 

1日1回で効きますので、朝塗りなおしたりする必要はありません。

 

第2位は、第一三共のピロエースZクリームです。

 

第2位の理由は、有効成分ラノコナゾールが、現在市販されている水虫薬のうち、もっとも強い抗真菌薬だからです。

 

しかし、ラミシールより若干残留効果が悪いような感じがしました。
ただし、薬効が強いので、人によってはこちらの方が効くかも知れません。

 

第3位は、久光製薬のブテナロックです。

 

塩酸ブテナフィンは、ラミシールの有効成分の塩酸テルビナフィンよりは、わずかに殺菌効果が劣ると言われています。
しかし、患部への浸透・残留効果は、むしろ塩酸ブテナフィンの方が優れているようで、水虫患部への浸透力が強い薬です。

 

こちらも持続的に効く水虫薬ですので、1日1回で十分です。

 

いかがだったでしょうか?
ここで選んだ3つは、私がいくつか試した水虫薬の中で、効果があったと言えるものです。

 

もちろん、人によって症状も体質も違いますので、他の薬が効くという場合もあります。
大切なことは、患部を清潔にし、きちんと効く薬を、根気よく正しく使うということです。

 

この情報がこれをご覧になっている貴方のお役に立てれば嬉しいです。

 

番外編 水虫完治セット!

水虫完治セットサムネイル

 

番外編ですが、「水虫完治セット」というものもあります。

 

ラミシールのパッケージは、画像のものはアメリカ版のもので日本のラミシールとは少し違いますが、効き目はラミシールATと同じです。

 

コレに加えて、爪水虫は特別な対処が必要で紹介している爪水虫用の「クリアネイル」
殺菌作用のある「チモールリキッド」、爪の生え変わりを促す「ビオチン」が入っています。

 

さらに、ヤスリ付きの爪切りニッパーが付いていますので、白癬菌におかされた爪や固い皮膚を削って、水虫薬の効き目をより浸透させることができます。

 

私も購入しましたが、この爪切りニッパーは180度近く開くので、爪と皮膚の間に入った爪のボロボロとした部分を、うまく切り取ることができます。
そこにラミシールを塗りつければ、爪や皮膚の奥の水虫にまで、薬効成分を届けられます。

 

普通の爪切りしか持っていない人は、爪切りニッパーを揃えることをオススメします。
水虫菌でやられた爪や皮膚は、こまめに切り取ってしまった方がいいですからねー。

 

水虫完治セットを見てみる

 

爪水虫は特別な対処が必要

スポンサードリンク