水虫 爪水虫 治す 市販薬 効果 治療法


水虫を予防する方法

まだ水虫になったことがない人も、油断はできません!

 

水虫は白癬菌というカビの一種ですから、湿った不潔なところにはだいたい白癬菌がいます
白癬菌が足につかないようにする、足についてもしっかりと洗い流して予防することが必要です。

 

予防といっても大したことをするわけではありません。
水虫に感染しやすい環境や習慣を意識的に取り除くことで、水虫感染は簡単に防げるのです。

 

 

毎日入浴やシャワーをして、足や身体を清潔に保つ

足や身体が不清潔な状態は、水虫菌の格好の餌食になります。

 

いったん皮膚に白癬菌が付着しても、24時間以内に洗い流せれば水虫の感染はほぼ防げます
毎日きちんと入浴し、足を洗うという習慣が大事です。

 

革靴などの通気性の悪い靴はなるべく履かない

革靴やブーツは通気性が悪く、靴の中が高温多湿になるため、カビが増殖しやすい環境がそろっています。

 

なるべく通気性の良い靴をはき、革靴やブーツは避けるようにしましょう。

 

同じ靴を毎日履かず、一日履いたら乾燥させる

仕事柄どうしても革靴を履かないといけない場合や、おしゃれのためにブーツは履きたいという場合は、同じものを毎日はいてはいけません。

 

一日履いたら、一日以上乾燥させ、白癬菌が繁殖しないように気をつけましょう。
水分をとる乾燥剤や、機能性インソールなどを使用するのも効果的でしょう。

 

バスマットやバスタオルなどを共有しない

家族などに水虫持ちの人がいる場合は、バスマットやバスタオルに付着した白癬菌から水虫が移ります。

 

バスマットやバスタオルは共有せず、個人ごとに分けて使うようにしましょう。

 

できれば部屋の中でも5本指ソックスをはく

部屋の中でも5本指ソックスをはくことは有効です。
汗っかきや脂性で、足の指や裏が湿りやすい人は、白癬菌が繁殖しやすいです。

 

5本指ソックスをはくことで、指同士の接触を防ぎ、清潔や乾燥を保つことができます。
また、家族に水虫患者がいる場合も、床に落ちた角質を踏むおそれがありますので、靴下をはくことで白癬菌の付着を防止できます。

 

普段から十分な栄養と睡眠をとり、免疫力をつけておく

これは水虫だけでなく、あらゆる病気にいえることですが、人間の身体は免疫力が落ちると、なんでもない病気でも重症化します。

 

そうならないためには、きちんと栄養や休息をとり、免疫力を万全にしておくことです。

 

さらに、水虫にかからない方法を知っておけば完璧でしょう。

 

 

以上が、水虫の感染を予防する方法です。
水虫にかからないために、今日から実践していきましょう。

 

水虫の再発防止のために

 

スポンサードリンク